2017年5月22日月曜日

子供が出来てからも会社に振り回されたくない。だから今がんばる

てぃみ子は広告関係の仕事をしています。仕事の素質的にいつもクライアントに追い回されるので、自由な時間とそうじゃない時間の境目が上手く区別できません。

コアタイムに会社にいればどこから仕事をしてもよく、おかげ様で遅くまで職場にいる必要はありません。一方で仕事が終わらない時は、家に帰ってお夕飯を作って食べてから、またパソコンに向かうということが少なくありません。

会社から支給されたパソコンやスマホがあるので、いつでも仕事ができてしまうのです。

有給を取っていてもかまわず担当案件に関して電話がかかってきますし、メールを返すことが求められます。この仕事をし始めてから、有給が取れたとしても完全なる休みだったことがありません。いつでもクライアントには返答しなければなりませんから。

なんて仕事の愚痴になってしまいましたが、いいところもあるんです。
広告関係なので、世に出る前の新情報を知る機会があったりして、新しいもの好きなてぃみ子としてはエキサイティングな仕事ではあります。常に違うクライアントと仕事ができるので、一つの会社にいながら色々な会社で仕事をしているような気分にもなります。なので飽きが来ません。

とはいいつつも、こんな仕事の仕方がいつまでできるんだろうかという不安もあります。
子供が泣き叫ぶのをよそに、要求の高いクライアントを満足させ続けることが出来るんでしょうか。子供がお母さんと遊んでほしいのをよそに、パソコンに向かわなきゃいけない時もあるでしょう。仕事に忙殺されている間に、気づいたら子供が歩けるようになっていたり、喋れるようになっていたり・・・あぁ想像するだけで疲れる。

そんなキャリアウーマン兼母親の葛藤を描いた映画を、サラ・ジェシカ・パーカーが演じていましたね。


この映画の主人公は、二児の母でありながら大変なプロジェクトを引き受けてしまい、仕事と家庭に板挟みにされてしまい、ふたつを天秤にかけた結果、両方を選ぶという結末でした(ネタバレごめん)。

でも正直、私はこの映画の主人公にはなれないです。
だって子供が初めて歩けるようになった瞬間を見ていたいし、学校から帰って来て独りで食事をさせるなんてこと絶対にしたくない。子供といるときは100%子供のことに集中したいし、クライアントに追いかけられたくない。「お母さん、私と仕事どっちが大事なの?!」なんて言わせたくない。
子供時代に味わった孤独感は、大人になってからも埋めることができないものだから。
仕事は誰か別の人ができるかもしれないけど、子供の心の穴を埋めてあげられるのは母親だけだったりする。

だから今頑張らなきゃなんですよ!!

子供がいない今だからこそ、夫婦での稼ぎを最大化させ、さらに稼いだお金を運用し、三馬力で稼ぐ。

実は数か月前に雇用契約を変えてもらい、5時上がりの時短社員になりました。
給料は100万円くらい下がりましたが、自分の5時以降の時間を100万円で買い戻したと思えば、安いものです。

その時間を活用して、副業で収入を増やそうとしています。

なぜこういう考えに至ったかというと、去年は大きな案件をほぼ独りで回して、会社に数千万を稼いだのに、私のお給料は一円も上がらず、げんなりしたからです。会社員なんだから当たり前と言えば当たり前ですが、こんなにいのち削って老け散らかしながら(笑)会社に稼いだお金が、全く還元されないなんて、共産主義もいいところだと思ってしまったからです。

それと同時に、この規模の仕事を回せるのであれば、自分でもそれだけの稼ぎを作り出せるに違いないと、ある意味自信がついたんですよね。

まぁこういう考え方をしてしまう時点で、会社員が向いていないんですな(笑)

なので今年中に副収入月+20万円を目指して、アフターファイブにせこせこと頑張っています。

さてさて、今の副業での収入ですが、こんな感じです。

ストックフォト販売:1万円
不動産:8500円
アフィリエイトサイト:800円くらい

全然足りない・・・orz


でも、目標は高くかかげないとね!

ストックフォト販売は実際のところ労働集約型すぎるので、今年はこのブログ以外に持っているサイトの収益化に向けて頑張りたいと思っています。まぁアフィリエイトもかなり労働集約型ですが・・・。

さぁ、このブログに書いちゃったので、実現できなかったら恥ずかしいよ~。
な~んて自分で自分に追い打ちをかけるてぃみ子でした。


----------------------------------------------------------------------
↓以下クリックいただけると励みになります↓
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
----------------------------------------------------------------------

2017年5月20日土曜日

まだまだ子供もいないのに大学の学費について心配してみる

もう結婚して数年たつので、子供が出来たらいったいいくらお金が必要なんだろうとか考えだすお年頃になってきました。

日本の学費は年々上がり続けているようですね。
All Aboutのこちらの記事によると、大学4年間でかかる費用は約450万~1300万とのことです。



国立大でも独り暮らしさせると4年間合計で1000万越えちゃうのね。うひゃ~。

私は3人兄妹ですが、3人とも私立に行かせた上、留学させてくれた両親には本当に心服です。実家から都内まで毎日1時間半くらいかけて通っていたのですが、何度独り暮らしをしたいとせがんだことでしょうか。今思うと両親に申し訳ない。

果たして今の自分たちの稼ぎで、子供3人を私立大に行かせ、留学させることができるかといったら、ちょっと自信がないです。

ましてや自分たちの子供が大学に行くであろう20年後くらいには、学費はもっと上がっているかもしれない。日本の大学のレベルは国際的なスタンダードで見ると知名度は低く、国際大学ランキング2016-2017では天下の東大でも39位です。国際的に活躍する子になってもらうためには海外の大学に入れた方がいいのかもしれません。
そうなるとアメリカの有名大学なんて行かせちゃったりすると、年間の学費400~500万、4年間で20000万はくだらないのです。(さすがにそうなったらある程度は学生ローン組んでもらいますが)

それ以前に、インターネットでなんでも学習できてしまう今、20年後に大学という制度があるかどうかも怪しいですが。


何で今こんなことを考えているかと言いますと、やはり資産運用をしていく上で「ライフプラン」というのはとても大事だと思うからです。
これぐらいの時期にこれぐらいの額が必要だろうなーというプラン。

なぜなら、目的のないお金は行き場を失って、すぐになくなってしまうからです。
宝くじを当てた人は大概、数年でその莫大な富を使い切ってしまうとよく言いますよね。
宝くじでなくて自分で稼いだお金にも同じことが言えると思います。

子供の学費も、今から計画を立てて、子供が赤ちゃんの時から賢く運用すれば殖やせるはず。72の法則、114の法則を念頭に置きつつ資産運用をすることで、小さな額でも子供の成長と共に2倍、3倍、いやそれ以上に成長させてあげることができるのです。

親の経済的な事情で、子供の選択肢を狭めてはかわいそうですからね。

まだ見ぬ未来の子供達よ・・・母ちゃんは頑張るからな。



とか言ってる暇あったら真面目に子作りしろや自分w



----------------------------------------------------------------------
↓以下クリックいただけると励みになります↓
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
----------------------------------------------------------------------

2017年5月19日金曜日

72の法則、114の法則、144の法則

ドルがまた下がってきましたね。

また100円くらいに戻ったらドルを買いたいなぁとか思いつつも、長期的な目標はドルと円の資産を両方持つこと。

前にアメリカにいた時のように、為替の損益で生活の質が左右されるようなことがあってはたまりません。(1年半のスパンで95円~120円の値下がりで、生活費は実質3割減。思い出すだけで涙ちょちょぎれます)

だから、ドルでも円両方でも稼げるようになることが目標です。
その実現に向けて本業も副業も頑張る今日この頃です。

ところで、複利で運用した時に2倍になるスピードを計算する式として、72の法則はご存じですか?

72÷金利で、資産が2倍になる年数が分かるというものです。


例えば、年利5%で運用するとしたら、

72÷5=14.4

となりますので、14.4年で2倍になるということになります。

現在の日本の銀行の平均金利は0.2%です。
ということは、日本の銀行に預けていても

72÷0.2=360

2倍にするのに360年かかるということ。

…その前に死にますね(≡д≡)


でも世界のマーケットの成長に併せて自分の資産も運用していくと、
世界の株式市場のリターンは平均6%と言われていますから、

72÷6=12

12年で2倍に出来るというわけです。


また、114割ると3倍になる時間を計算することができます。

114÷6=19

19年で3倍にすることができます。


さらに、144を割ると4倍になる時間を計算することができます。

144÷6=24

24年で4倍にすることができます。


こうみると、銀行にお金を預けていることにいかに意味がないかが分かります。
生活防衛資金は残して、ちゃっちゃと運用した方がいいですね。

また、運用をするときには手数料に気を付けなくてはなりませんね。
6%で運用できていたとしても、手数料を1%取られていたとしたら、増えるスピードが遅まってしまいますから。

ノーロード型の投信を買っても、信託報酬が1%越えのファンドは少なくないです。
The devil lies in the details(悪魔は細部に宿る)と言いますから、ファンド選びは慎重にしなくてはですね。


----------------------------------------------------------------------
↓以下クリックいただけると励みになります↓
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
----------------------------------------------------------------------

2017年5月16日火曜日

バフェット先輩の名言集を読んで初心に帰る

今日はバフェット先輩の名言を振り返りたいと思います。

わたしが初めて投資を行ったのは十一歳のとき。それまでは人生を無駄に過ごしていたわけだ。


バフェット先輩は11歳の時に初めて、オイル・サービシズという会社の株を38ドルで3株購入したそうです。
株価はすぐに27ドルに下がってしまいましたが、売りたい気持ちをこらえて持ち続けると株価はまた上昇。
40ドルに上がった時に売却すると、その後すぐに200ドルまで急騰したそうです。

10代前半にしてこの悔しさを経験したバフェット先輩は、長期投資と複利の力について学び取ったようです。前回のブログで触れたAmazonの株価の20年の変化からもわかるように、多少下がっても持ち続けるという勇気というか、タフさというか、そういうものを、自分のポートフォリオの価値が半分以下になってしまったときのために肝に銘じておきたいものです。

とは書きつつも、

われわれが歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ

実際に事が起こった時には、冷静でいるのは難しいですよね。
不況の時は慌てて売らずに、ある意味情報をシャットアウトして、他の仕事なり何なりに注力したほうがいいのかもしれません。気づいたときには買った値段に戻っていたりして。
でもそれは、本当に価値のある企業の場合。

たとえ市場が十年閉鎖されても、保有しているだけで100パーセント幸せと思える―こういう株だけを買いなさい。

その株を持っている理由をすぐに5つ挙げられないようなら持っている意味がない、と誰か有名な投資家が言っていました。自分の持っている銘柄で、ちゃんと理由が説明できるかというと実はそうでもなく…誰かが買い時と言ったから買ったとか、あのブロガーさんも持っているからとか、そういう理由で買っちゃっているものが正直多いです。

でも個別銘柄を買うということは、全てが水の泡になっても構わないという覚悟が必要ということなんでしょうね。

てぃみ子の投資歴はまだ3年。投資について学ぶべきことはいっぱいいっぱいあるし、今後も大きな失敗をするかもしれない。でも過去に成功している大先輩のことばを振り返ると未来に希望が持てます。

There is always something new to learn.
Happy investing!


 




----------------------------------------------------------------------
↓以下クリックいただけると励みになります↓
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
----------------------------------------------------------------------

長期投資を続けるモチベーション

昨日こんなツイートをお見かけしてびっくり仰天しました。



100万円が4億9千万円・・・長期投資の力って本当にすごいですね。
元ネタであるThe Wall Street Journalの記事では、「このモンスターのような運用益を得るには、ソシオパスか、感情の全くない人間でないと無理だ」と言っています。

なぜなら、アマゾンの株価が1日で6%下がったことが199回、3日のスパンで15%下がったことが107回あるからだそうです。

そんなロスに耐えられる投資家は、なかなかいないものです。


最近、いつも聞いているInvest Talkという投資系ポッドキャストで、こんなことを言っていました。

「今の投資が楽しいと思っているのであれば、きっと何かが間違っている。長期投資というのは本来つまらないものであるべきだから。」

確かに、下がっている時に大量に買い入れたものが上がってこそ、運用益を最大化できるものですから、株価が上がっていて喜ぶのは少し違うのかもしれません。

でも誰だって買っている株が値上がりしていたら、にやにやしてしまうものですよね。


今回このAmazonの記事を読んで、前職の持ち株制度で買った株をもう少し保有し続けてみようかなと思いました。
会社を辞めるときに100株持っていたものが2回株分けして900株になっており、株価でいうと10倍近くになっています。途中で自分で買い足したものも3倍になって売却したので、今持っている株は実質タダです。

これは、倹約生活を送りながらも投資をして莫大な富を築いた本多静六さんのやり方から学びました。
給料の1/4を貯蓄し、一定の額になったら株や不動産に投資する。
株は買った値段の2倍になったら半分売却する。そうすると保有している株は実質タダになる、ということです。



こう見ると、一番良い投資法は、

1.将来有望な企業を見つける
2.投資する
3.忘れる(もしくは気絶する)

なのかもしれませんね。笑
少なくとも私には、チャートとにらめっこしてトレードする投資法は向いていません。

投資したら忘れることが鍵なのだとしたら、モチベーションを上げる必要すらないのかもしれませんね。


----------------------------------------------------------------------
↓以下クリックいただけると励みになります↓
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
----------------------------------------------------------------------

2017年5月14日日曜日

独身時代になぜお金が貯まらなかったのか

独身時代には全然お金が貯まらなかったと以前書きましたが、ちょうど今日こんな記事を読みました。


この記事では、そもそもお金が貯まらない人の特徴としてあるのが、
「ライフプランを立てていないから」
という点だというのです。

結婚、出産、転職、独立、自宅購入など、人生の節目となる「ライフイベント」をしっかり見通し、それに向けて貯蓄をすることが重要と書いています。

「ライフイベント」を見据えていればしっかりとそれに向けて貯蓄するようになるし、スタバやコンビニに行って無駄遣いをすることもなくなる。

ちなみにスタバの飲み物は砂糖を入れ過ぎなので糖尿病になります。
チャイラテのラージサイズには砂糖が20g含まれていますからね。20gといったら角砂糖5個分です。角砂糖5個なんて、普通じゃかじらないでしょ。
砂糖は脳へのダメージも大きく、アルツハイマー病や認知症は第三型糖尿病と言われているほどです。砂糖にはコカインよりも強い依存性がありますから、スタバというブランドにカモフラージュされてついつい毎日甘い飲み物を買ってしまうのは、お財布にも健康にも最悪なのです。

それはさておき。

これを読んで思ったのですが、私が独身時代「貯まらない女」だったのは、ライフプランの立て方があやふやだったからだと思うんですよね。
いつ結婚して出産したいかはおろか、誰と結婚するのかも見えてない中で、今を楽しみたい20代前半の女子としては、きっちりとプランを立てて貯蓄をしていくよりも、彼氏や友達と美味しいご飯や旅行に行ったり、流行の服を身に着ける方ががぜん魅力的だったわけです。

でも20代前半でこれに気付いて行動をしていれば、会社を辞めてもっと自分の興味のある分野に進学や留学ができたかもしれないな、と思います。実際社会人2年目に、海外で修士を取ろうと色々調べたのですが、費用の問題で断念しました。結果、今の旦那に出会えたのでよかったのですが。

結婚をしてからは、いつごろ子供を持って、いつごろ海外に住んで、いつごろリタイアしたいかなどを夫婦でしっかり話し合いました。
そうすることで、それぞれのライフプランに向けていくら必要なのか、どうやって貯めて殖やしていくのか、戦略を立てることができました。

「戦略」、これがカギです。

だから結婚は最高の節約だと思うんですよね。
夫婦で働いて、稼いだお金にも働いてもらう。三馬力のパワーです。

だから、お金がないから結婚をためらってしまっている人に大声で言いたいです。

そんなことないよ~!

一流ホテルのセレブ結婚式を挙げたいのであれば別ですが、一緒に住んで、一緒に働いて、財布を一緒にした方が、貯蓄を何倍もスピードアップすることができるのです。


----------------------------------------------------------------------
↓以下クリックいただけると励みになります↓
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
----------------------------------------------------------------------

2017年5月13日土曜日

特定口座で運用していたインデックス投信を全部売ってしまったよ



2015年の夏から半年くらいの期間、インデックスファンドをドルコスト平均法で購入していました。特定口座で購入していたので、NISAを作ろうと思ったタイミングで一旦ストップしてしまい、その後2回リバランスをしたものの、放置しておりました。
本で読んだ通りに日本株+外国株+日本国債+外国債のセットで同額買っておりました。

2015年の夏~秋に買っていたので、高値を掴んだ感はあります。このままちゃんと買い続けていれば、ドルコスト平均法のメリットが享受でき、もっと上がっていたのでしょうが…

時価総額が1,357,399円で評価損益が26,875円。2.06%のリターン。
運用期間が1.5年くらいなので、年利1.3%。

インデックスファンドを始めた当初の目標は、年利5%での運用だったので、ほど遠いです・・・。
選んだファンドが悪かったのか、タイミングが悪かったのか、途中で買わなくなったのが悪かったのか、色々反省点はあります。そもそも長期運用をする予定だったので、5年10年経たないと結果は見えてこないものではありますが。でも、一時期マイナス13万円とかになっていた時期もあったので、利益が出たことには感謝すべきですね!

で、なんで今売っちゃったのかというと、いくつか理由があります。

1.円建てのインデックス投資は確定拠出年金でやればいいやと思ったから
確定拠出制度のない会社の社員なので月々2万3千円ずつしか拠出できないですが、これも1年半前から行っており、3%増えています。

2.ドル建てのインデックス投資を香港で始めたから
これはプロにお任せしており、年利5%~10%で運用してくれるものです。私の長期的な目標にもマッチしています。下手に自分で銘柄を選ぶよりは、プロにお任せして効率的に運用してもらうことにしました。月々1250ドル、満期は20年です。子供が大学に入ってくる頃に、月々2~30万入るような計画です。

3.お金の使い道が見えなかったから
確定拠出年金は60歳まで下せないので老後資金、ドル建てインデックスは子供の学費&親の介護などが必要になった時の支援金等、と明確な使い道を決めています。しかし、こちらのインデックス投資に関してはいつ売却していくらまで殖やして何に使うのか、目的がふわふわしていました。ふわふわしているお金は、そのぶん結果もふわふわしているのかもしれませんね^^;ということで潔く切ることにしました。


で、次は何に投資する?

とある海外の不動産に投資することにしました。
これは数年で3~5倍に殖える可能性があるとほぼ確信しているので、2%とか生ぬるい結果ではなく300%~500%の結果を出していただきたいと思います。

これについては、書けるタイミングになったら書きたいと思います。
それでは今日はこのへんで。

----------------------------------------------------------------------
↓以下クリックいただけると励みになります↓
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
----------------------------------------------------------------------